閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年7月17日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:加Timmins Gold社、金価格上昇を受けて各計画を見直し

2016年7月14日付け業界紙等によると、加Timmins Gold社は、金価格の上昇による収益増につなげるため、本年のSan Francisco鉱山(Sonora州)のメンテナンス作業を行わない可能性がある。昨年、同社は、金属価格が継続的に上昇しなければ、2016年中頃にSonora州の鉱山の露天掘り採掘を停止させ、2017年初頭にヒープリーチング作業を終了させる計画を発表していた。

しかし、本年1月1,097US$/ozであった金価格は7月には1,350US$/ozまで上昇している。そのため、同社は、2016年事業を継続的に実施するため、鉱山の様々な計画の見直しを行っている。San Francisco鉱山の本年第2四半期の金生産量は22,869oz(約0.7t)となり、昨年同期の13,041oz(約0.4t)から大幅に増加している。

ページトップへ