閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年7月18日 シドニー 矢島太郎

豪:Iluka Resources社、2016年上期ミネラルサンド生産量は前年上期より増加するも収益は減少

2016年7月14日、豪州ミネラルサンド大手のIluka Resources社は2016年4~6月の実績を公表した。ミネラルサンド(ジルコン、ルチル、人工ルチル)の2016年4~6月の生産量は18万2,500tと前年同期よりも3.6%減少したが、2016年上期の生産量は33万4,400tとなり、前年上期よりも20.8%増加した。生産量に関しては、同社の2016年の生産目標である66万tが十分達成可能な状況となっている。

ミネラルサンドの2016年上期販売量は31万6,400tとなり、前年上期よりも14.7%増加したものの、ミネラルサンドの価格低迷によりt当たりの収益は1,015A$/tとなり、前年上期よりも10.2%減少となった。地元紙はジルコン、ルチル、人工ルチルの3品目の価格は、中国政府が景気対策を行い、中国国内の建設が活発化しなければ低迷を続ける可能性があると報じている。

ページトップへ