閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年7月21日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ:CMP社、Productora銅プロジェクトの2.5%権益を追加取得

2016年7月8日付け、豪Hot Chili社のリリースによると、Compañía Minera del Pacífico S.A社(CMP)は、1.5百万US$支払いにより、Productora銅プロジェクト(第Ⅲ州)の権益2.5%を追加取得した。権益構成は、Hot Chili:80%、CMP:20.0%となった。

Hot Chili社が2016年3月に公表したProductora銅プロジェクトのプレFS結果によると、年間銅生産量(開始後8年間の平均)は精鉱生産分:6.0万t、ヒープリーチング及びSxEw分:0.6万t、操業年数:12年の生産が可能とされており、初期投資額は725百万US$。可採鉱量は166.9百万t、平均品位は銅:0.43%、金:0.09g/t、モリブデン:138ppm。また、鉱物資源量(概測および予測。Alice地区を含む):236.6百万t、銅:0.48%、金:0.10g/t、モリブデン:135ppmが把握されている。Hot Chili社は、今後プレFS結果の最適化や周辺でのボーリング調査の実施を継続し、2018年に開発を判断する予定としている。

ページトップへ