閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年7月22日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Kuczynski次期大統領、新政権の閣僚を発表

2016年7月19日付け地元紙各紙によると、Pedro Pablo Kuczynski次期大統領は、新政権における閣僚を発表し、次期エネルギー鉱山大臣はGonzalo Tamayo氏、環境大臣にはElsa Galarza氏が就任することが明らかになった。

Tamayo次期エネルギー鉱山大臣は経済博士で、大臣への指名時には地元コンサルタント企業Macroconsult社代表取締役を務めていた。インフラプロジェクトの経済・融資分析、市場競争力や経済規制分析等を専門とし、電力、炭化水素、運輸、物流市場における様々なプロジェクトに関与したほか、通信民間投資監督庁(OSIPTEL)、国営電力会社Electroperu社の取締役を務めた。

一方、Galarza次期環境大臣は農業経済や環境を専門とし、森林、漁業、農業、気候変動等と経済的資源に関する研究やペルーにおけるグリーン成長政策に関する分析、世界銀行、米州開発銀行、国際食糧農業機関等に対するコンサルタント業務、ペルー及び南米諸国の政府や社会組織における総合的環境評価に対する研修・開発指導等を実施したことがある。

大臣への指名時はPacifico大学研究センター所長を務めていた。過去には農業省や漁業省の顧問、環境省設立担当グループメンバー(2008年)、生産省漁業副大臣(2009~2010年)、環境省諮問委員(2009~2013年)等を務めた経歴がある。

ページトップへ