閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年7月22日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Antamina鉱山、2016年第2四半期は銅・鉛・銀・モリブデンを増産

2016年7月20日、BHP billitonが発表した2016年第2四半期決算資料によると、同社が33.75%の権益を保有するAntamina鉱山(Ancash州)の2016年第2四半期の生産金属量は、銅が前年同期の28.0千tに比べ約38%増の38.7千t、鉛が前年同期の448tに比べ約44%増の645t、銀が前年同期の1,115千oz(約34.7t)に比べ約40%増の1,558千oz(約48.5t)、モリブデンが前年同期の206tに比べ約173%増の562tであった一方、亜鉛は前年同期の15,857tに比べ約59%減の6,474tであった。

前年同期の平均粗鉱品位が、銅0.74%、亜鉛0.56%であったのに対し、今期は銅0.90%、亜鉛0.33%となっている。同鉱山の2016会計年度(2015年7月~2016年6月)の生産金属量は、銅が前年同期の107.7千tから約36%増の146.4千t、鉛が前年同期の2,060tから約81%増の3,719t、銀が前年同期の3,826千oz(約119t)から約75%増の6,711千oz(約209t)、モリブデンが前年同期の472tから約136%増の1,113tであった一方、亜鉛は前年同期の66,435tから約17%減の55,438tであった。前年同期の平均粗鉱品位が、銅0.77%、亜鉛0.68%であったのに対し、今期は銅0.93%、亜鉛0.55%となっている。同鉱山は、2017会計年度中、亜鉛品位の高い鉱体採掘に移行するため、来期の生産目標を、銅130千t、亜鉛90千tに置いている。

ページトップへ