閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年7月22日 リマ 迫田昌敏

エクアドル:Llurimagua銅プロジェクト(旧Junin地域)の地元還元策

2016年7月13日、1990年代に、当時の金属鉱業事業団により発見され(当時のJunin地域)、現在、国営Enami EP社の進めるLlurimaguaプロジェクト(Imbabura県)において、同プロジェクト周辺の地元代表と、政府側から戦略部門調整大臣、鉱業省副大臣、国営Enami EP社総裁、保健省・文部省・運輸公共事業省代表による、第2回合同会議が開催され、先に合意した地元還元策のフォローアップが論議されたとEnami EP社が7月16日に明らかにした。

発表によると、①80%進行中のGarcía Moreno地区の上水工事を引き続き完成まで投資することと、近隣コミュニティーを対象とした保健センターを2016年10月に設立すること、②生徒1,140名を受け入れる校舎を建設し、遠距離生徒239名を送迎するスクールバスを供与すること、③供与済の救急車1台に加え、コミュニティーを毎日巡回する医師団検診を継続すること、④Selva AlegreとSaguangal間道路の保守やコミュニティー間の道路保守能力を持つマイクロ企業設立を支援することを確認したという。会議ではさらに地元の意見を吸収し、地元住民への貢献を強化することで合意した。

ページトップへ