閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年7月24日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:加Silver Crest Metals社のLas Chispas金銀プロジェクト、旧坑再評価サンプルで高品位鉱徴捕捉

2016年7月21日付け業界紙等によると、加Silver Crest Metals社が保有するLas Chispas金銀プロジェクト(Sonora州)の休廃止鉱山再評価のサンプリング分析の結果、高品位の鉱石があることが明らかになった。同プロジェクトは、近隣において操業中の2つの貴金属鉱山と同じ鉱床集積地帯に位置する(詳細は未発表)。また、1880~1930年の間に鉱業活動があったこの地帯においては、14鉱脈中3つの鉱脈で生産活動が行っていたと考えられている。そのため、同社はそれらに関連する3つの鉱脈、Las Chispas、William Tell及びBabicanoraを中心に探鉱活動を実施している。なお、同社によると、それらの既知鉱脈の試錐探査のデータは確認されていない。

本件に関し、同社CEOは、プロジェクト地域で高品位の分析結果を得たことは、同地域の有望性を示すもので、サンプリング分析の結果、銀品位1,000g/t及び銀換算品位2.200g/t以上の複数の鉱徴を確認した。我々は、アクセス及び坑道再建において幾つかの課題があり、安全に階段、橋を構築しながら過去の鉱山資材の除去等を行う必要がある。現在、第1フェーズとして地表における試錐探査情報の収集、坑内探査結果との統合を行なっている段階にある旨コメントした。

ページトップへ