閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年7月29日 リマ 迫田昌敏

ペルー:First Quantum Minerals社がPachamanca/MT-03銅プロジェクトの権益80%取得へ

2016年7月27日、First Quantum Minerals社(本社バンクーバー)がPachamanca/MT-03銅プロジェクトの権益80%を取得することを明らかにした。

同社のプレスリリースによると、Latin Resources社(豪州パース)のペルー子会社Peruvian Latin Resources SACが保有する同プロジェクトに対し、First Quantum Minerals社のペルー子会社Minera Antares Peru SACが80%まで権益を取得できるタームシートを締結した。Antares社側は、物理探査を実施したうえで、4,000mのボーリング調査を、当局の承認後6ヶ月以内に完了し、JORCベースで銅又は銅相当1百万tの鉱量を示すことにより、まずプロジェクトの権益51%を取得することが出来る。

Peruvian Latin社側は、56ヶ月のオプション期間に、段階を踏みつつ合計50万US$の支払を受ける。Antares社側は、開発決定をサポートするための技術文書を完成させることで、さらなる権益29%を取得することが出来る。さらにAntares社側には、残り権益20%を第三者評価に基づき買収するオプションを持つ。Peruvian Latin社側の権益が10%を下回った場合、同社はそれを2%のNSRロイヤルティに変換でき、Antares社側は同ロイヤルティ1%につき40百万US$で買い戻しできる。

ページトップへ