閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年7月29日 リマ 迫田昌敏

エクアドル、ボリビア:鉱業協力協定を締結

2016年7月25日、エクアドル鉱業省ウェブサイトによると、エクアドル政府とボリビア政府が鉱業協力協定を締結した。

発表によると、エクアドル鉱業省傘下の地質鉱業冶金研究所(INIGEMM)所長のByron Granda氏と、ボリビア鉱山地質サービス局(SERGEOMIN)担当官が、両国の鉱業発展のため、知識、経験や採掘技術改善などの情報交換に関する技術協力に署名した。ボリビア側から採掘に関連する知識や技術をエクアドル側に提供し、操業作業内容、鉱床のモデリング、冶金技術、鉱山保安などの分野において、継続的な改善に役立てるという。

また、両者の科学的、技術的、専門的な知見の交換や、管理モデル、研究、訓練における情報共有、さらに、経済、広域地質、水文、地熱エネルギー、自然災害リスクの低減などでの協力が、協定にふくまれている。ウェブサイトでは、ボリビアとエクアドルの間の鉱業分野の二国間協力は、一般科学や地球科学での両国の結びつきを強固にし、責任ある鉱業を可能にする地質鉱業分野における研究に新しい視点を提供すると述べられている。

ページトップへ