閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年8月1日 シドニー 矢島太郎

豪:Deloitte会計事務所、鉱業セクターはコスト削減・操業効率化よりも技術革新が重要

2016年7月27日、地元各紙は大手会計事務所DeloitteがWA州カルグーリで開催されている第25回Diggers&Dealers鉱業大会で豪州の鉱業セクターが国際的な競争力を維持するためには、コスト削減・業務効率化よりも従来手法を転換する技術革新に取り組むことの重要性について講演したことを報じた。

同会計事務所鉱業部門のNicki Ivory代表は、豪州の鉱業セクターがコモディティ価格の下落と中国経済の減速に直面し、再生可能エネルギー分野によって市場からの資金を阻まれ、さらに環境に対する多くの配慮が求められる状況の中で各社はコスト削減と操業効率化に力を注いでいるが、新たな手法を生み出す技術革新を目的とした研究を行っている企業が少ないことを懸念事項として挙げた。そしてコスト削減と操業の効率化には限界があるため、豪州の鉱業セクターは新たな技術を創出するための技術革新に重きを置くことが重要との調査結果を報告した。

ページトップへ