閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2016年8月1日 シドニー 矢島太郎

豪:BHP Billiton、WA州Nickel WestのVenusニッケル鉱床の開発開始を決定

2016年8月1日、ニッケル価格が40%回復したことにより、BHP Billiton(BHPB)がWA州Nickel WestのVenusニッケル鉱床の開発開始を決定したことを地元紙が報じた。

ニッケル価格は2016年2月中旬に7,595US$/tまで下落したが、インドネシアからの未加工鉱石輸出禁止、マレーシア国内鉱山の環境規制、豪州QLD州のYabuluニッケル製錬所の閉鎖等により、ニッケル価格が上昇に転じて現在10,695US$/tまで回復している。ニッケル価格の回復により、BHPBのNickel Westの収益もマイナスからプラスになるため、BHPBは既に開発しているPerseverance鉱床から坑道を延長してVenus鉱床の開発を開始することを決定した。

Venus鉱床は2012年中頃に発見され、資源量740万t(品位2.6%Ni)が確認されていたが、2014年にNickel Westの事業見直しにより、開発が中断されていた。BHPBにとってNickel Westは非中核事業に位置付けられているが、直ちに同事業を終了させるよりも、既存のインフラを利用して10年間Venus鉱床の採掘を行い、10億A$以上が必要となるNickel Westの原状回復費用を得ることが適切だとBHPBが判断したことを地元紙が伝えている。

ページトップへ