閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年8月2日 シドニー 山下宜範

豪:産金第1位のNewcrest社、問題を抱えつつも手堅い業績

2016年7月25日、豪州の産金第1位のNewcrest Mining社は2015/16年度の生産実績を発表。

同社の同年度における金の生産量は2,438,994oz(75.86t)であり、前年度比0.7%増となった。また2015/16年度の生産目標である240~260万ozに達した。銅の生産量は83,070tであり、こちらは前年度比14.2%減となったものの、2015/16年度の8~9万tの生産目標に達した。また、金の生産コスト(All-In Sustaining Cost)は762US$/ozであり、前年度の780US$/ozから2.3%のコスト削減となった。

なお2015/16年度においては、NSW州のCadia鉱山における品位の低下やインドネシアのGosowong鉱山の地質工学上の問題による操業の一時停止などの問題が生じたものの、PNGのLihir鉱山の稼働は好調であった。同社は、幾つかの問題は生じたものの2015/16年度の業績は手堅いものになった、と評価している。

ページトップへ