閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年8月2日 ジャカルタ 山本耕次

フィリピン:Deterte大統領、鉱山地球科学局の新長官を任命

2016年8月2日付地元メディアによると、Duterte大統領は2016年7月26日、大統領命令2016年第2号に署名し、Leo L. Jasareno前鉱山地球科学局(MGB)長官の後任として、Mario Luis J. Jacinto氏を新長官に任命した。長官の交代は、MGBのホームページにおいても告知されている。Jacinto氏はまた、同大統領命令において、環境管理局(EMB)の組織及び事業にかかわる許認可及び監督の権限を与えられることとなった。

Jacinto氏は、1977年にPhilippines大学地質学部を卒業し、MGB及びEMBにかかわる許認可、人事管理の側面で、環境天然資源大臣を補佐する任に当たっていた。

Jasareno氏の進退については明らかにされていないが、Lopez大臣は同氏を引き続き同省上級次官として重用しつづける意向。

ページトップへ