閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年8月12日 リマ 迫田昌敏

ペルー:BCGold社がChanape-Pucacorral銅金プロジェクトを完全買収へ

2016年8月4日、BCGold社(本社バンクーバー)が、Chanape-Pucacorral銅金プロジェクト(Lima州)の完全買収に向けて、資金調達を完了したことを明らかにした。同社プレスリリースによると、Circum Pacific Holdings社の株式買収により同プロジェクトの権益100%を獲得する。2016年4月に第1トランシェとして調達した286千C$に加え、第2トランシェとして私募債465千C$の調達を完了した。

同プロジェクトは、Lima市の東約100㎞にあり、面積5,785haの、Veta FulviaやSan Mateo銀・銅・金鉱山など歴史的鉱山の集中地域で、伏在すると考えられているポーフィリーシステムと関係するとされる金銀エピサーマル熱水鉱床地帯である。Inca Minerals社(本社豪州パース)が発見し、過去4年間、約7百万A$をかけて2016年4月まで探鉱していたChanape高品位銅・金・銀斑岩鉱徴地を取り巻く形になっている。

Inca社によるChanape鉱徴地でのボーリング調査では、地表近くにおいて、55m間でCu 2.3%、Au 0.6g/t、Ag 42.9g/tや42m間でAu 3.3g/t、Ag 34.9g/tなどの結果が得られている。Chanape鉱徴地をめぐっては、現在所有者とBCGold社との間で交渉中であるという。2016年、BCGold社は、同プロジェクトにおいて、地質マッピング、サンプリング、IP探査を実施する予定である。

ページトップへ