閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年8月12日 リマ 迫田昌敏

コロンビア:Gran Colombia Gold社、2016年第2四半期業績発表

2016年8月11日、Gran Colombia Gold社(本社トロント)は、2016年第2四半期業績が増収増益だったことを発表した。

同社のプレスリリースによると、同期の売上は、前年同期の31,273千US$から48,014千US$へ増収、調整後EBITDAは、前年同期の8,036千US$から18,299千US$へ倍増した。同社はコロンビア国内でSegovia金鉱山(Antioquia県)とMarmato金鉱山(Caldas県)を稼行している。同社の2016年第2四半期の生産金量は、前年同期比34%増の38,229oz(約1.2t)だった。また、同社の同期の平均販売金単価は、前年同期の1,163US$/ozから1,216US$/ozに増加した。同社の同期のトータルキャッシュコストは、前年同期の779US$/oz(販売金量あたり)から680US$/oz(同)に低下、またAISCコストも、前年同期の904US$/oz(販売金量あたり)から811US$/oz(同)に低下した。同社は、2016年通年の生産目標金量を135~145千oz(約4.2~4.5t)に上方修正した。

ページトップへ