閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年8月16日 バンクーバー 山路法宏

PNG:Nautilus社の労働力削減や建設工事解除でSolwara 1プロジェクトは開発延期へ

パプアニューギニア(PNG)でSolwara 1プロジェクトでの海底資源開発を進めている加Nautilus Minerals Inc.(以下、Nautilus社)は、同プロジェクトの開発資金の不足により労働力の削減や開発初期段階の海底生産機器の建設工事契約の解除を行っていたことが明らかとなった。

Nautilus社が2016年8月15日に発表した第2四半期の決算報告によれば、2016年6月30日時点で同社は513百万US$の現金及び現金相当物を保有している。しかし、Solwara 1プロジェクトの建設を完了させるためにはかなりの追加資金の調達が必要とされていた中で、緊急のつなぎ融資も条件面で折り合わずに必要資金の調達が保証できなくなったため、追加の必要資金が調達できるまで資本基盤を維持するために労働力の削減や既存建設工事の解約を行ったほか、新規工事契約の締結も見送っている。

Solwara 1プロジェクトでは、追加資金調達の確保を前提として2018年第1四半期までに建設及び開発を完了させる予定となっていたが、これにより生産開始時期は不透明な状況となった。

ページトップへ