閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年8月16日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:二重国籍問題でエネルギー鉱物資源大臣解任

2016年8月16日付地元メディアによると、ジョコ・ウィドド大統領は、Arcandra Taharエネルギー鉱物資源大臣を解任することを決定した。この決定は、2016年8月15日にPratikno国家官房長官からプレス宛に伝達され、2016年8月16日に発行するという。また、後任が決定されるまでは、Luhut Binsar Panjaitan海事調整相が代理代行を務める。

Arcandra氏が米国に20年間居住し、米国とインドネシアの2つのパスポートを有する、すなわち二重国籍であるという噂が持ち上がったのは一週間前であった。インドネシア2006年国籍法では、自発的に外国籍を取得したものは、自動的にインドネシア国籍が失効する旨が規定されている。

以前、Arcandra氏とPratikno官房長官は、Arcandra氏はインドネシア国籍を有しているが、米国籍を有しているかは確認していないとし、噂の鎮火を図っていた。

ページトップへ