閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年8月19日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Milpo社、チリ撤退

2016年8月16日付け地元紙によると、ブラジルVotorantim Metais社傘下のMilpo社(本社リマ)が、チリに所有する鉱山を売却し、20年間継続してきたチリでの鉱山業から撤退する。

報道によると、Milpo社は、チリでの子会社であるMinera Rayrock社の所有するIvan銅鉱山(第Ⅱ州)とSierra Medina銅プロジェクト(第Ⅱ州)を含む全資産を、ジュニア企業Coro Mining社(本社バンクーバー)に6.5百万US$で売却する。Coro Mining社側は、プレスリリースにおいて、特に、Coro Mining社のMarimaca銅プロジェクト(第Ⅱ州)に隣接するMilpo社Ivan銅鉱山のリーチングプラントが、Marimacaプロジェクトでの生産を加速させるだろうとし、年末までに買収を完了したいと述べている。同リーチングプラントは12,000tpdの処理能力を持っている。

Ivan銅鉱山は、精測+概測鉱物資源量18.26百万t、平均銅品位1.32%の鉱床を持っていたが、2012年に、銅価格の低迷と、労務費およびエネルギー価格の高騰により、操業を休止した。Sierra Medina銅プロジェクトは、予測鉱物資源量12.2百万t、平均銅品位1.18%だった。

ページトップへ