閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年8月24日 バンクーバー 山路法宏

ベネズエラ:仲裁裁判所、政府にRusoro社へ約10億US$の損害賠償金の支払いを命令

ベネズエラ・ボリバル共和国(以下、ベネズエラ)政府の2011年の国有化政策により同国での投資が不法に収用されたとして、加Rusoro Mining Ltd.(以下、Rusoro社)がカナダとの二国間投資協定違反を仲裁裁判所に訴えていた問題で、Rusoro社は2016年8月23日、前日に仲裁裁判所がベネズエラ政府に対し、Rusoro社へ967.77百万US$の損害賠償金の支払いを命ずる判決を下したことを明らかにした。

Rusoro社はベネズエラで金鉱山を操業していたが、2011年9月に公布された金産業を国有化する法律により操業継続が困難となり、2012年5月にはベネズエラ政府がRusoro社の資産・操業を国有企業であるMinerven社に引き継がせたことから、同年7月にベネズエラ政府を相手取って国連の国際投資紛争解決センター(ICSID)に提訴していた。

ページトップへ