閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2016年8月26日 サンティアゴ 山本邦仁

アルゼンチン:Cauchari-Olarozリチウムプロジェクト、2017年上半期に建設工事開始予定

2016年8月25日付けメディア報道によると、Cauchari-Olarozリチウムプロジェクト(Jujuy州、Lithium Americas社:50%、SQM社:50%)の建設工事開始は、2017年上半期の予定とされる。まずは2019年操業開始を目標として、炭酸リチウム生産量25,000t/年の開発工事に着手。その後、さらに25,000t/年の生産能力を追加するための開発工事に着手する計画。第1期開発の初期投資額は435百万US$とされる。

SQM社は、2016年3月、25百万US$(15百万US$の融資を含む)の拠出により、Lithium Americas社アルゼンチン子会社Minera Exar社の50%権益を取得して本プロジェクトに参入して以降、炭酸リチウム生産量40,000t/年を念頭にプロジェクト開発計画の検討を進めていたが、資源量が増加したことから、50,000t/年(稼行年数40年以上)に修正したとしている。SQM社は、2016年のボーリング調査経費として、20~30百万US$の予算を計上している。

ページトップへ