閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年8月26日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Fission 3.0社、Macusani高原でのウラン探鉱ボーリング第2ステージ開始

2016年8月24日付け地元紙によると、Fission 3.0社(本社カナダ)が、Macusani高原(Puno州)でウラン探鉱ボーリング第2ステージを開始した。

U3O8品位24.48%を示す試料を含む、U3O8品位2%以上の地化学アノマリーを示す延長約8㎞のLos Blancos Llama Sur鉱床と同Llama Norte鉱床において、合計1,000mのボーリングが実施される。Macusani高原でウラン探鉱を実施している別の探鉱会社Plateau Uranium社(本社カナダ)は、同社鉱区内でリチウム資源の存在を報告しており、Fission 3.0社の上記両鉱床においても、概測鉱物資源量52.3百万t(Li2O品位0.13%)と予測鉱物資源量87.7百万t(Li2O品位0.12%)が胚胎されている。

ページトップへ