閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年8月30日 シドニー 山下宜範

豪:Evolution社、Glencoreから銅―金鉱山の一部権益取得、産出される金は全量取得

2016年8月24日、Glencoreは、QLD州のErnest Henry銅―金鉱山の権益のうち30%分をEvolution Mining社に売却することについて合意したと発表した。売却額は8億8,000万A$。この合意に基づきEvolution社はErnest Henry鉱山で生産される金の全量及び銅・銀の30%分を取得する権利を持つ。なおEvolution社が取得する銅・銀についてはGlencoreが市場価格にて買い戻す予定。Glencoreは今回の合意は同社の債務削減の計画の一環であるとしている。

Evolution社は、豪州第2位の産金企業であり、近年はCowal金鉱山などの資産買収を行ってきている。地元紙によれば、今回の合意により同社の金の生産量に新たに80,000~85,000oz/年(2.49~2.64t/年)が追加されることになる。Evolution社は4億100万A$の増資の途上にあり、今後5億A$の融資も得る予定である。他方、Glencoreは、近年、Ernest Henry鉱山において6億A$をかけて坑内部分の精査をしてきたところであり、現在、マインライフは11年となっている。

しかし、同鉱山及び周辺の探鉱に関しては近年支出を減らしてきており、Evolution社の参入により今後は探鉱を促進させると見られる。

ページトップへ