閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年9月1日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:加First Majestic Silver社他の貴金属鉱山保有企業、投資額増加

2016年8月29日付け業界紙等によると、メキシコにおいて操業中の貴金属鉱山企業は、貴金属市況価格が上昇したことから以下に示すとおり鉱山投資を強化している。経済専門家は、ここ数年の金属市況の下落によって、鉱山各社は投資を控えてきたが市況上昇を受け投資に転じている。銀20US$/oz、金1,370US$/ozの高値から値は下げているものの、同市況が暴落しない限り投資は継続されるであろうとコメントしている。

加First Majestic Silver社は、探鉱、開発予算をそれぞれ71%、51%上昇させ、総額20.9百万US$に予算額を増額した。同予算は、資源量の確認と新たな鉱床発見のためのボーリング調査に使用され、主にLa Guitarra鉱山、Plomosasプロジェクトに当てられる。

米Coeur Mining社は、7月、2016年第2四半期中に10百万US$を追加投資し年間総額を105~115百万US$とする旨発表した。同追加予算は、Palmarejo金・銀鉱山の探鉱費に当てられ、更に、同鉱山及び他の鉱山の資源量確認のために8百万US$の再追加投資を検討している。

米 Argonaut Gold社(本社:レノ)は、Durango州に保有するEl Castillo金・銀鉱山の予算額を倍増させ8百万US$とし、加えて、La Colorada鉱山、San Agustín鉱山、San Antonio鉱山等へ5百万US$を投資することとしており、2016年の予算額は11百万US$から34百万US$に大幅に増額される。

加Pan American Silver社は、探鉱予算を38%増額させ14.5百万US$とする。同社は、メキシコDolores鉱山、La Colorada鉱山、Álamos Dorado鉱山の他、ペルー、アルゼンチン、ボリビアに鉱山を保有する。

ページトップへ