閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年9月2日 サンティアゴ 山本邦仁

チリ・アルゼンチン:Pascua Lama金銀プロジェクト、アルゼンチン側開発計画を再検討

2016年9月1日付けBarrick Gold社のニュースリリースによると、同社は、あらたな上級副社長を任命し、Pascua Lama金銀プロジェクトにおけるアルゼンチン側Lama地区ならびにチリ・Frontera地域開発の開発可能性の検討を促進する方針。

Lama地区に関しては坑内採掘による生産開始と、その後の段階的拡張を組み合わせた開発計画の検討が進められる模様。また、チリ側に関しては、法的問題や環境認可問題の解決にむけた取り組みが継続される。アルゼンチン側開発計画の検討結果が良好であった場合、2017年末あるいは2018年初頭に開発工事再開のための新たな環境影響評価書が提出される可能性がある。

Frontera地域は、El Indio金鉱床ベルトに位置する延長140㎞の地域であり、2015年に新規鉱床として探鉱成果が公表されたAlturas金鉱床(予測鉱物資源量:136.4百万t、金品位:1.25g/t)が含まれる。

ページトップへ