閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年9月5日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:2016年6月の鉱業生産、7年ぶりの下げ幅を記録

2016年8月31日付け業界紙等によると、国立統計地理情報院(INEGI)は、2016年6月のメキシコの鉱業生産は前年同月比8.7%減と7年ぶりの下げ幅を記録したと発表した。

金属部門では、鉛は前年同月比29.9%減の13,418t、金は25.0%減の8,770㎏と、最大並びにそれに次ぐ最大の下げ幅を記録した。これは、加Goldcorp社が保有するPeñasquito鉱山(Zaatecas州)の浮遊選鉱プラントがメンテナンス作業によって10日間操業を停止したこと、及び同鉱山の粗鉱品位・回収率の低下が影響を与えた。

また、銅は前年同月比11.9%増の46,111tと1980年以来の大幅な上げ幅を記録した。これは、Grupo Méxio社が保有するBuenavista多金属鉱山の拡張計画終了による増産が寄与した。

ページトップへ