閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年9月5日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:Luhutエネルギー鉱物資源大臣代行が鉱石輸出緩和に言及

2016年9月1日付地元メディアによると、海事調整大臣兼エネルギー鉱物資源大臣代行のLuhut Binsar Panjaitan氏は、鉱業法改正において鉱石輸出の緩和を盛り込むことを検討している。インドネシアの鉱石輸出は、製錬所建設にコミットしている鉱山会社に対し、2017年1月11日まで認められているが、鉱山会社の製錬所建設が進んでいないため。

Luhut大臣は、2016年9月1日に開催された第7委員会の後インタビューに答え、輸出禁止緩和検討は金属価格の低迷により多くの製錬所建設が中断しているためだとし、PT FreeportやNewmontのためではないと述べた。同氏はまた、緩和は製錬所建設遅延の理由が事業者の過失によるものではない者のみに与えられるべきであるとの見解を示した。

ページトップへ