閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年9月13日 シドニー 山下宜範

豪:TAS州政府、Mt Lyell銅鉱山の再稼働のため2,500万A$の金融支援

2016年9月7日付けの地元メディアによれば、TAS州政府は2017年までにMt Lyell銅鉱山を再稼働させるため、インド系のVedanta Resources社に対して2,500万A$の金融支援を行う予定である。これはTAS州の貿易ミッションがインドを訪問した際に同州のWill Hodgman首相が表明したもの。

同首相によれば同鉱山の銅の埋蔵量は2億tであり、生産量は年間10万t、ピーク時の雇用は300名以上になる予定。同鉱山はVedanta社の子会社のCopper Mines of Tasmania(CMT)が操業してきたが、3名の労働者が死亡する事故が発生したことを受け、2年前に操業停止の状態になっていた。

ページトップへ