閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル タングステン
2016年9月13日 北京 森永正裕

中国:湖南省2016年タングステン・レアアース採掘総量規制指標(第2期)を発表

湖南省国土資源庁弁公室は、2016年9月13日、2016年タングステン・レアアースの採掘総量規制指標(第2期)を次のように発表した。
各関連市・州・県の国土資源局、各関連企業に対し、中国国土資源部による<採掘総量規制鉱種指標に対する管理臨時方法>に関する通達」(公文番号:国土資発「2012」44号)および「国土資源部の2016年レアアース・タングステン鉱石採掘総量規制指標(第2期)に関する通達」(公文番号:国土資発「2016」316号)の要求に基づき、湖南省2016年タングステン・レアアース採掘総量規制指標(第2期)を通達する。
一、湖南省の2016年度(第2期)タングステン精鉱(三酸化タングステン含有量65%)の主要採掘総量を9,750t、総合利用指標を2,050t、レアアース鉱石(レアアース酸化物REO)採掘総量規制指標を1,000tとする。
二、各鉱山企業は採掘総量規制に基づき生産を行い、無指標生産または指標を超える採掘行為を禁止する。
三、<採掘総量規制鉱種指標に対する管理臨時方法>(公文番号:国土資発「2012」44号)などの要求に基づき、採掘総量規制指標の管理作業を徹底的に行うこと。
(一)鉱山所在地の県市区の国土資源局は、管轄区域内の関連鉱山企業と採掘総量規制責任契約を締結し、権利、義務および違約責任を明確にすること。
(二)各関連市州・県の国土資源局が、タングステン・レアアースの採掘総量規制指標の実施実況の監督検査作業を強化する。担当者を明確にし、鉱山企業の採掘総量規制指標の実施状況に対する監督管理を行い、関連鉱山企業は、資源埋蔵量、生産量、販売原始台帳および採掘総量規制管理制度を築き、完備すること。
(三)市州、県市区の国土資源局は、第4四半期の報告と同時に、市州を団体として、各関連鉱山企業2016年度の指標使用完了状況および2017年度の指標申告状況をまとめて提出する。 四、工事建設プロジェクトを実施すると同時にレアアース資源を回収、利用する場合、採掘総量規制指標に対する監督管理に導入しなければならない。
五、各鉱山企業の実際生産状況は、大きな変化が生じ、予想している採掘総量と配分された規制指標との格差が大きい場合、クラス別に省の国土資源庁まで報告し、採掘総量規制指標への見直し申請を行い、省の国土資源庁は、省の全体採掘総量規制の実行状況に基づき見直しを行う。

ページトップへ