閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年9月15日 メキシコ 森元英樹

メキシコ:加Endeavour Silver社、Parralプロジェクト権益取得に合意

2016年9月14日付け業界紙等によると、加Endeavour Silver社は、メキシコ貴金属鉱山への投資を強化している。同社は、加Silver Standard Resources社がChihuahua州に保有するParral銀金プロジェクトの権益取得に係る契約が最終合意に達したことを明らかにした。

2016年5月、Endeavour Silver社は、Canarc Resources社がZacatecas州に保有していたEl Compás金銀プロジェクトを8.03百万US$で資産買収しており、また、貴金属市況の上昇を受けてEl Cubo金銀鉱山のメンテナンス計画の延期を発表していた。

同社は、Parralプロジェクトは、銀49g/t、金0.90g/t、鉛2.87%、亜鉛2.86%の品位、1.63百万tの鉱量が確認されることから、他鉱山との相乗効果が期待できる資産買収である。このため、大規模な資源埋蔵量が期待できる鉱山であるとともに、近隣に500t/日の処理能力を有する工場があることからアクセスの利便性も強調している。

契約は、Endeavour 社がSilver Standard社に対し6百万US$(1.2百万株)の普通株式を発行する他、同プロジェクトに含まれているSan Patricio鉱床、La Palmilla鉱床に2年間、2百万US$の探鉱投資を義務付け、同探鉱技術レポート(各年)の提出、両鉱床から産出されると分類された銀1百万oz(約31t)当たり20万US$の株式発行を義務付け、さらに、Silver Standard社は両鉱床の1%のNSRロイヤルティの権利を保有する。という内容と推定されている。

ページトップへ