閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2016年9月20日 シドニー 山下宜範

豪:Roy Hill鉄鉱石鉱山、フル生産の達成は2017年以降に遅延

2016年9月14日付けの地元紙によれば、Roy Hill鉄鉱石鉱山では2016年末までに5,500万t/年のフル生産を行うという目標の達成が困難になっている。

tt

Roy Hill鉱山では、2015年に鉄鉱石価格の下落に直面したことから、2016年2月から2年後としていたフル生産の達成時期を11カ月後に前倒ししていたが、今般、Roy Hill Holdings社のBarry Fitzgerald CEOは、この目標は達成できないとの見通しを示した。同CEOによれば、処理プラントのトンネル部において予期せぬ亀裂が発生して補強工事が必要になったこと等が遅延の原因である。同CEOはフル生産は2017年の早い時期に達成すると述べたが、通年でのフル生産は2018年以降になるとみられる。

tt

Roy Hill鉱山は、出荷開始の目標時期を長らく2015年9月に設定してきたが、実際の出荷の開始は2015年12月初めにずれ込んでいた。なお、アナリストはRoy Hill鉱山のブレークイーブンとなる鉄鉱石価格はおおよそ35US$/tであると見ている。

ページトップへ