閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年9月23日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Constancia銅鉱山、コスト削減

2016年9月16日付け地元紙によると、Constancia銅鉱山(Cusco州)を経営するHudbay Peru社のCaba代表取締役は、銅価格下落に伴い、下請業者との契約見直しや予算計画の変更によって、2016年の同鉱山の操業費や設備費を78百万US$節減したことを明らかにした。

また、2016年の銅生産量は13万tとなる見通しを示したほか、同社の銅精鉱の大部分が中国に、その他はインド、フィリピン、ブラジル、スペイン等に輸出されていることを明らかにした。また、同鉱山の精鉱の輸出はMatarani港(Arequipa州)から行われており、2015年のConstancia鉱山操業開始から現在まで同港から計70回の出荷を行ったことに触れ、同港の拡張の重要性を強調した。

さらに、同鉱山から同港までのアクセス道475㎞には、一部未舗装の区間があることや、地域住民との良好な関係を維持するのが課題であると同時にリスク要因にもなっているとコメントした。

ページトップへ