閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年9月23日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Newmont社、Yanacocha金鉱山周辺の探査を実施

2016年9月19~22日付け地元紙各紙によると、Minera Yanacocha社(Newmont社51.35%とCompania de Minas Buenaventura社43.65%のJV)のChristian Schroder部長は、Yanacocha金鉱山(Cajamarca州)近傍において、Quecher金・酸化鉱鉱床と、Yanacocha硫化鉱鉱床の2つのブラウンフィールド探鉱を実施している旨明らかにした。Quecher鉱床については、数週間前、Newmont社のGary Goldberg CEOが、FSステージの最終段階にあり、2019年以降年産金200,000oz(約6.2t)が見込めると語った。Yanacocha金鉱山は現時点で金約5百万oz(約156t)、年産0.9百万ozの生産ペースで、5~6年分の埋蔵量を保有するが、2016~2017年にかけても引き続き減産傾向が続く見通しである。

同部長は、これら新しい鉱床における調査で経済性が確認された場合、許認可の取得やEIAを実施する見通しだが、今後まだ多くの時間を必要とするだろうとの考えを示した。一方Conga金プロジェクトについては、現在も中断状態にあるものの、Minera Yanacocha社は約束に基づき、周辺環境や水資源のモニタリングを実施しているとコメントした。

ページトップへ