閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年9月23日 リマ 迫田昌敏

ボリビア:Corocoro鉱山、硫酸銅プラント導入に8百万US$投資

2016年9月23日付け地元メディアによると、Corocoro鉱山(La Paz県)を経営するEmpresa Minera Corocoro社は、硫酸銅プラント導入に8百万US$を投資することを明らかにした。9月22日、同社のBuenaventura Condori事務局長から提案を受けたCesar Navarro鉱業冶金相は、プロジェクトは実現可能であり、資金確保のための最良の方法を探すと述べた。

Condori事務局長によると、2009年に操業を開始した湿式プラントで生産される銅カソード生産は、年産7,843t(生産年不明)に達するが、銅国際市場価格の低迷により、年収が25%減少したという。同局長はさらに、現在の輸出先は主に中国と欧州であるが、新たな硫酸銅の輸出先はアジア市場を狙っていると語った。この提案は、Navarro鉱業冶金相が10月4日に開催する会議で正式に決定される見込みであると同局長は述べた。

ページトップへ