閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2016年9月26日 シドニー 矢島太郎

豪:Pilbara Minerals社、WA州Pilgangooraリチウム鉱床はワールドクラスとのDFS結果発表

2016年9月20日、Pilbara Minerals社は、WA州Pilgangooraリチウム―タンタル鉱床で実施したより精度の高いFS(DFS)を完了し、同鉱床が最初の15年間は196US$/tの低コストでリシア輝石精鉱を生産可能なワールドクラスの鉱床であると発表した。同社は鉱区の100%の権益を所有している。

同鉱床の正味現在価値は7億900万A$であり、内部利益率は38.1%とDFSで発表されている。現在のリシア輝石価格は650US$/tであるが、DFSではマインライフを通じたリシア輝石の価格を537US$/tと想定している。さらに同社は当初の開発費用を1億8,400万A$と計画していたが、市場の需要次第で開発の規模を拡張して2億1,400万A$とする計画を発表している。

同社のKen Brinsden社長はこれから鉱山開発のための最終的な資金調達を行い、工事請負企業を探すとコメントしている。鉱山建設は2017年1~3月期に、鉱山の操業は2017年末に開始する予定である。

ページトップへ