閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2016年9月27日 北京 森永正裕

中国:火焼雲鉛亜鉛鉱床、蘭坪鉱床を超え、国内第1位鉛亜鉛鉱床に

安泰科によれば、最近ネット上で流れている、新疆で超大規模鉛亜鉛鉱床を発見したというニュースを確認した。火焼雲鉛亜鉛鉱床は、今まで国内で発見された中で資源量最大の鉛亜鉛鉱床で、経済的に採掘できる資源量は1,900万t(金属量)である。最終的に確認登録できる資源量は若干見直しされることになるが、雲南蘭坪鉱床を越えるのは確実である。これまで国内で発見された蘭坪鉛亜鉛鉱床の資源量は約1,500万t(金属量)で、現在保有埋蔵量は1,100万tである。
火焼雲鉛亜鉛鉱区は無人区に位置し、海抜が高く、面積が広く、運送は困難である。現在一般調査段階にあり、短期間以内に稼働する可能性は低い。

ページトップへ