閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年10月3日 シドニー 矢島太郎

豪:Moly Mines社、QLD州ボーキサイト鉱区所有のGulf Alumina社に買収の申し入れ

2016年9月22日、中国企業Hanlong社の子会社であるMoly Mines社は、QLD州ヨーク岬西部のボーキサイト鉱区を保有するGulf Alumina社に対して、買収の申し入れを行ったことを発表した。Moly Mines社はGulf社株式の55.6%を買収する計画であり、同社の提案ではGulf Alumina社の株主は同社株式1株に対して現金46¢とMoly Mines社の1.4株を受け取る。Gulf Alumina社の経営陣はMoly Mines社の買収を受け入れる方針を示している。
非上場企業であるGulf Alumina社は、Rio TintoのWeipaボーキサイト鉱山から北約90㎞に位置する鉱区を保有しており、その鉱区に隣接する鉱区を所有するMetro Mining社がGulf Alumina社に対して2015年12月と2016年3月に完全買収提案を行っていたが、合意に至らなかった。Metro Mining社は現在Gulf Alumina社の39%の株式を保有している。
地元紙はMoly Mines社によるGulf Alumina社の買収は事前に外資審議委員会(FIRB)の承認が必要となることと、Moly Mines社が過去のインサイダー取引により豪州証券取引所(ASX)から株取引を禁じられている状況にあることから、買収の成立は不透明な状況であることを報じている。

ページトップへ