閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2016年10月3日 シドニー 矢島太郎

豪:Kidman Resources社、WA州Earl Greyリチウム鉱床の分布域が拡大

2016年10月3日、Kidman Resources社はかつて金鉱石の露天掘り採掘が行われていたWA州Mt HollandエリアのEarl Grey金鉱床の下部に胚胎するEarl Greyリチウム鉱床に対してボーリング調査を行った結果、ペグマタイト鉱床の広がりが1,400m、幅が最大80m、連続的な分布範囲が750mと従来の2倍の走向延長で確認されたことを発表した。さらに、ボーリングコアの分析の結果、品位1.75%Li2Oが85.7mにわたって認められた。
現在、同リチウム鉱床は6,000万tのリチウム資源量と推定されており、まだ各方向へ鉱床の分布域が拡大することが期待されている。今後、さらに探鉱を継続することでPilbara Resources社のWA州Pilgangooraリチウム鉱床(1億2,800万t、品位1.2%Li2O)の資源量を上回る可能性があると経済アナリストがコメントしている。なお、世界最大のペグマタイト型リチウム鉱床はWA州南西部に位置するGreenbushes鉱山であり、その資源量は1億2,000万t、品位2.4%Li2Oとされている。

ページトップへ