閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年10月4日 シドニー 山下宜範

ソロモン:豪IRM社がボーキサイトプロジェクトの50%分の権益取得

2016年9月27日、Iron Mountain Mining(IRM)社は、Au Capital Mining(ACM)社が100%の権益を保有するソロモン諸島の2箇所のボーキサイトプロジェクトについて、ACM社から50%分の権益を取得したことを発表した。両社は共に豪州の企業であり、IRM社は豪州証券取引所(ASX)の上場企業である。 IRM社によれば、同社は、2016年3月、ACM社に対して100,000A$を提供して権益取得のオプション権を得ており、ACM社や同プロジェクトに係るデューディリジェンスを実施していた。そして今般、IRM社は同社株式2,000万株をACM社向けに発行するというオプション権行使のための条件を実施して、権益の取得を完了させた。今後ACM社は、同プロジェクトからのボーキサイトの最初の出荷時、又は権益取得から12カ月以内に、更にACM社向けに株式2,000万株を発行するという条件を実施する必要がある。 IRM社が権益を取得した2つのプロジェクトは、ソロモン諸島の南東部のNendoプロジェクト及び北部のChoiseulプロジェクトである。このうち重要なものは、前者のNendoプロジェクトであり、Temotu州のNendo島に位置し、広い範囲で高品位のボーキサイトの鉱化が確認されている。今後、IRM社は更に追加の掘削を実施して探鉱を進めていくこととしている。

ページトップへ