閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年10月5日 モスクワ 黒須利彦

ロシア:Norilsk Nickel社、ムルマンスク港のバース改修プロジェクト完了へ

2016年9月22日付の現地報道等によると、Norilsk Nickel社が優先して行っているプロジェクトの一つであるムルマンスク輸送支社第2バース改修プロジェクトが完了しつつあり、2017年第1四半期に稼働を開始する予定である。Norilsk Nickel社は、この改修に約15億ルーブルを投じている。
新バースの延長は310mで、吃水11.2mまでの船舶が受け入れ可能(現在は約6m)となることで、貨物取扱量は年間78万tから150万tへとほぼ倍増する。
2016年8月のNickelプラント(ノリリスク市)閉鎖後、北極圏支社が生産するマットは全てKolaMMC社のモンチェゴルスクの施設で処理されることになり、これに伴いドゥディンカ~ムルマンスク航路の貨物量もムルマンスク輸送支社の積み替えターミナルで取り扱う船舶の数も大幅に増加するため、バース改修が必要であった。
ムルマンスク輸送支社は、最新式の北極アイスクラスのコンテナ船5隻、タンカー、港湾砕氷船を有しており、Norilsk Nickel社は北極海航路での貨物輸送を完全に自力で行うことが可能となっている。

ページトップへ