閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年10月7日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Lupaka Gold社、3つの金プロジェクトの探査・開発状況を報告

2016年10月6日、Lupaka Gold社(本社バンクーバー)が、ペルー国内で実施中の3つの金プロジェクトの探査・開発状況を報告した。
同社プレスリリースによると、Invicta金プロジェクト(Lima州)について、処理粗鉱量350tpdへのランプアップ作業は、資金調達後すみやかに取り掛かる予定。2016年6月、同社は、同プロジェクトを、2016年中にも操業開始させるために、投資会社PLI Huaura Holdings LP社と投資契約を調印したが、税務上の問題により融資が遅延しているという。また、Hochschild Mining 社とのJVで進めるJosnitoro金銅プロジェクト(Apurimac州)は、現在地表サンプリングを実施中で、地表の金鉱染帯でAu 9g/t、銅スカルン帯でCu 1.76%とAu 1.2g/tの分析結果が得られており、2017年雨季終了後、探査活動を促進させるとしている。5,500haのCrucero金プロジェクト(Puno州)については、概測鉱物資源量約31百万t、平均金品位1.02g/t(金量約32t)、予測鉱物資源量約31百万t、平均金品位1.03g/t(金量約32t)を見込みつつ、JVパートナーを募集していると同社は述べている。
同社データによると、Invicta金プロジェクトの精測鉱物資源量は131千t、平均金品位4.29g/t(金量約562㎏)、平均銅品位0.73%、平均銀品位31.7g/t、平均鉛品位0.39%、平均亜鉛品位0.38%、概測鉱物資源量は8,513千t、平均金品位2.09g/t(金量約17.8t)、平均銅品位0.42%、平均銀品位15.7g/t、平均鉛品位0.24%、平均亜鉛品位0.21%、予測鉱物資源量は2,534千t、平均金品位1.61g/t(金量約4.1t)、平均銅品位0.46%、平均銀品位12.0g/t、平均鉛品位0.27%、平均亜鉛品位0.18%。

ページトップへ