閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年10月11日 バンクーバー 杉崎真幸

加:Seabridge Gold社、KSM銅金プロジェクトの予察的経済評価結果を発表

2016年10月6日、Seabridge Gold Inc.社(以下、Seabridge Gold社)は、BC州北部にて同社が調査を実施しているKSM銅金プロジェクトについての予察的経済評価(Preliminary Economic Assessment:PEA)の結果を発表した。
同社が2016年9月に公表したPFSと異なり、本PEAでは地下鉱体に対する大規模なブロックケービング法採掘が採用されており、これにより大幅な低コスト化及び環境負荷の低減が達成されるとしている。本PEAの試算によれば、精測・概測鉱物資源量12.6億t(Au 0.69g/t、Cu 0.22%、Ag 3.4g/t)、予測鉱物資源量11.2億t(Au 0.33g/t、Cu 0.43%、Ag 2.0g/t)の鉱体に対して、初期コストは5,489mUS$、操業コストは11.61US$/t、マインライフは51年と見積られる。
なお、Seabridge Gold社は2016年10月11日のニュースリリースにより坑道の開発に関して必要なBC州政府の許可を得たことを公表しており、開発に向けたプロセスを順調に進めている。

ページトップへ