閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2016年10月11日 シドニー 山下宜範

豪:Neometals社及びMineral Resources社、水酸化リチウム製造プラントのF/Sを共同実施

2016年9月30日、Neometals社及びMineral Resources社は、WA州のEastern Goldfieldsに建設を予定する水酸化リチウムの製造プラントのF/Sを共同で実施するためのMOUに署名した。このプラントで用いられる原料は、両社が共同で保有するMt Marionリチウムプロジェクトからのリチウム精鉱であり、製造される水酸化リチウムは、リチウムイオン電池の事業者に直接販売が出来る品質とする計画である。
両社は、生産能力20,000~25,000t/年(炭酸リチウム換算)のプラント建設及び運転に係るF/S及び評価を共同で実施する。このプラントは在来型の硫酸/苛性ソーダプロセスを用いることとし、パイロットレベルの試験は実施しない。最終投資決定は2017年の第3四半期を予定している。
Mt Marionプロジェクトは、Mineral Resources社の子会社が43.1%分の権益、Neometals社が13.8%分の権益を有している。両社は、Mt Marionプロジェクトで採掘されるリシア輝石について、2020年から両社合計で51%分を購入するオフテイクの権利も得ている。なお、オフテイクの残りの49%分は中国のGanfeng Lithiumが権利を得ているが、当面は100%分を購入することになる。Ganfeng社はMt Marionプロジェクトの43.1%分の権益を有する。Mt Marion同プロジェクトは2016年の第4四半期からリシア輝石の出荷が予定されている。

ページトップへ