閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2016年10月11日 シドニー 矢島太郎

豪:Pilbara Minerals社、WA州Pilgangooraリチウム鉱床の隣接鉱区の購入契約を締結

2016年10月6日、Pilbara Minerals社(Pilbara社)は、WA州Pilgangooraリチウム-タンタル鉱床に隣接する鉱区をDakota Minerals社(Dakota社)から購入する契約を締結したことを発表した。Pilbara社はDakota社に対して一年内に800万A$を現金または株式で支払うことにより、購入が完了する。購入費用の内訳は、Lynas Find鉱床を含む鉱区が400万A$、それに隣接する鉱区が100万A$、周辺の4鉱区がそれぞれ75万A$である。

Dakota社はPilbara社のPilgangoora鉱床に隣接する鉱区でLynas Findリチウム鉱床の探鉱を実施しており、5日に同鉱床の推定鉱物資源量を730万t(Li2O 1.25%、Ta2O5 85ppm)と発表した。Dakota社は鉱区売却で得た資金を元に、同社の他のリチウム探鉱プロジェクトに活用し、さらに欧州の電池産業にも投資を行う予定である。

Pilbara社は9月に精度の高いFS(DFS)が完成し、Pilgangoora鉱床の推定鉱物資源量を1億2,860万t(Li2O 1.22%、Ta2O5 138ppm)と発表している。同社のKen Brinsden社長は、Dakota社の鉱区を得ることにより、Pilbara社はピルバラ地域におけるリチウム資源の主要な保有者としての地位を確たるものにできるとコメントしている。

ページトップへ