閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2016年10月12日 ジャカルタ 山本耕次

インドネシア:インドネシア政府、ニッケル鉱石輸出禁止緩和は断念か

2016年10月12日付地元メディアによると、インドネシア政府は検討していた低品位ニッケル鉱石の輸出容認に関して、取り辞めることにした模様。
エネルギー鉱物資源大臣代理Luhut Panjaitan海事調整相は、低品位ニッケル鉱石輸出の必要性はないと判断し、現在の鉱石輸出禁止政策に基づき、省内でどの鉱物・鉱石の輸出輸出禁止が緩和できるか検討しているという。
Luhut大臣は先月、エネルギー鉱物資源省(MEMR)がニッケル品位1.8%未満のニッケル鉱石輸出を許可することを検討していると発言しており、このような鉱石は国営鉱山公社PT Aneka Tambangが生産しており、それに加え、国内製錬所が処理できないことを理由に挙げていた。
政府内では銅精鉱等の輸出を規定している政令2014年第1号の改定作業が最終段階に入っており、これが発行されれば、銅精鉱の輸出は5年間延長される予定。

ページトップへ