閉じる

ニュース・フラッシュ

2016年10月14日 リマ 迫田昌敏

ペルー:Auryn Resources社、ペルーで二つのプロジェクトの探査開始

2016年10月14日、Auryn Resources社(本社バンクーバー)が、ペルーで二つのプロジェクトの探査を開始したと発表した。同社プレスリリースによると、両プロジェクトとも、まず、地表サンプリング、トレンチング、マッピング及び物理探査から開始され、Huilacolloプロジェクト(Tacna州、2,000ha)では、2017年第1四半期に延べ3,000~5,000mのボーリング調査が、また、Baños del Indioプロジェクト(Tacna州、5,000ha)では、2017年第4四半期に延べ2,500mのボーリング調査が計画されている。両プロジェクトとも酸化の著しい浅熱水性エピサーマル金鉱化システムで、一連の鉱化作用と同社はみており、2016年9月に、ペルー地場企業Exploandes S.A.C社から、Baños del Indioプロジェクトに関する権益100%を得るオプションを獲得した。
同社はさらに、金・銅スカルンシステムであるSombreroプロジェクト(Ayacucho州)と金・銅ポーフィリーシステムであるCuribayaプロジェクト(Tacna州)でも探査活動を予定していると述べている。Sombreroプロジェクトは、2016年7月、同社が、100%の権益を持つAlturas Minerals社(本社トロント)と、参入のためのオプション契約を締結し、Curibayaプロジェクトは、2016年6月、20万C$の直接投資と国によるオークションを通して100%権益を獲得した。

ページトップへ