閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2016年10月14日 リマ 迫田昌敏

エクアドル:SolGold社、Cascabel銅・金・銀プロジェクトを巡るBHP Billitonの提案を拒否

2016年10月10日、SolGold社(本社豪ブリスベーン)は、同社株式の10%を30百万US$で買収し、取締役会に役員を派遣するBHP Billitonグループの10月8日の提案を拒絶すると発表した。また、同社の進めるCascabel銅・金・銀プロジェクト(Imbabura県)に関しBHP Billitonが提示した、SolGold社の持つ85%権益のうち70%を275百万US$で買収する案について、SolGold社取締役会は、同社及び同社株主にとって最善の提案ではなく、Newcrest Mining社(本社豪州メルボルン)及びカナダの投資会社Maxit Capital LP社との33百万US$の資金調達契約を優先させることを決定した。SolGold社は、8月30日、Newcrest Mining社が、同社株を10%取得することを、同社取締役会が全会一致で決定したと発表していた。

2016年10月13日、SolGold社は、株主総会が97%以上の賛成でNewcrest社側提案を可決し、BHP Billiton側提案を否決した旨発表した。

同プロジェクトは世界的な規模の銅・金ポーフィリーシステムと目されており、現在まで土壌地化学探査25㎢、IP探査及び電磁探査23㎢、ボーリング調査延べ23,700mが実施され、さらに今後12ヶ月にわたりボーリング調査が計画されている。同プロジェクトの14件の鉱徴地のうち、優先的に探鉱されているAlpalaターゲットについて、同社は2016年中に資源量に関する発表を計画している。

ページトップへ