閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2016年10月17日 シドニー 矢島太郎

豪:中国リチウム企業、WA州Kwinanaに大型の水酸化リチウム精製施設の建設を開始

2016年10月12日、地元各紙は豪州最大のWA州Greenbushesリチウム鉱山のマジョリティ権益51%を有する中国のTianqi Lithium社が、パースの南約35㎞に位置するKwinanaで4億A$規模の大型水酸化リチウム精製施設の建設を開始したことを報じた。精製施設の建設には500名が雇用され、2018年末に完成する予定である。同施設の運用時には115名が従事し、24,000t/yの水酸化リチウムが生産される。

同社のVivian Wu CEOは同施設の建設開始式で、今後も長期的にリチウムの需要は増え続けるため、リチウム産業は持続的に成長を続けるとコメントした。一方、地元各紙はWA州では2016年に2つのリチウム鉱山が操業を開始し、2か月後には新たなリチウム鉱山の建設が開始される予定であり、市場でリチウムが供給過剰となり、リチウム価格上昇のバブルがはじける可能性があることを警告している。

ページトップへ