閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル リチウム
2016年11月11日 シドニー 矢島太郎

豪:Pilbara Minerals社、リチウム鉱石のオフテイク契約を2社目の中国企業と締結

2016年11月10日、Pilbara Minerals社(Pilbara社)は、WA州Pilgangooraリチウム―タンタル鉱床からの鉱石販売に関する2つ目のオフテイク契約を中国の炭酸リチウム(Li2CO3)生産企業Shandong Ruifu社(Shandong社)と締結したことを発表した。

同鉱床からの鉱石生産は2017年7月から開始される予定であり、Pilbara社は2018年12月まで合計190万tの未加工鉱石(Li2O品位1.5%、含水率5%)をShandong社に販売する。Pilbara社は一か月あたり10万tの鉱石を販売する計画であり、2016年10月にDakota Minerals社から買収したより高品位な鉱石が胚胎するLynas Find鉱床からの鉱石も販売することができる。Shandong社はLi2O品位1.4%以下の鉱石の引き取りを拒否できる。

契約締結に当たり、Shandong社はPilbara社に対して10万US$の先払いを行っている。両社は2019年以降のリチウム精鉱オフテイク契約を締結するための協議を現在行っている。Pilbara社は既に中国のGeneral Lithium社と2018年1~3月期から年間14万tのリチウム精鉱(Li2O品位6%)販売に関するオフテイク契約を締結している。

Pilbara社が保有するPilgangoora鉱床からは、リチウム精鉱(Li2O品位6%)を31.4万t/y、タンタル32.1万lb/yが生産される計画である。

ページトップへ