閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2016年11月25日 ロンドン ザボロフスキ真幸

英:Anglo American、資産売却により42資産に集約したが生産性は向上

2016年11月23日付けメディア報道によると、Anglo Americanの自社ポートフォリオは2012年に68資産だったところ、2016年現在では42資産に集約した結果、生産性が向上しており、一人当たりの生産性は4年前と比較すると40%増加している。

Anglo Americanはダイヤモンド、白金、銅をコア資産とし、2016年通期決算報告には更に37資産に集約すると伝えられているが、同社Mark Cutifani CEOは、2016年11月21日に行われた南ア及びボツワナ鉱山訪問中のプレゼンテーションで売却対象のノンコア資産である鉄鉱石、一般炭、コークス炭資産がコモディティ価格の上昇に伴い資産価値が上がり、適切な価格でなければ操業を継続し、売却を焦る必要は無いと示唆した。

ページトップへ