閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
2016年12月5日 シドニー 矢島太郎

豪:BHP Billiton、SA州Olympic Dam鉱山が再び停電、操業が4時間停止

2016年12月1日、地元各紙は、BHP Billiton(BHPB)のOlympic Dam銅・ウラン鉱山が再び停電に見舞われ、操業が4時間停止したことを報じた。BHPBのAndrew Mackenzie CEOはSA州政府が安定的な電力供給をないがしろにして再生可能エネルギーの積極的な導入を進めていることを強く批判した。さらに、再生可能エネルギーだけに依存することは避けなければならないとコメントした。

Josh Frydenberg環境・エネルギー大臣は、「再生可能エネルギーへの転換を急速に進めたことに対する警鐘であり、今後は安定的な電力供給を最重要視しなければならない」とコメントしている。一方、SA州のTom Koutsantonis首相は、「BHPBはOlympic Dam鉱山の停電時のバックアップを自分で準備するべきである」と反論している。

同鉱山は2016年9月28日に発生したSA州の大停電により、9月28日~10月13日にかけて電力の供給が停止し、BHPBは1億A$に上る損害を被っている。BHPBは2016/17年度の年間生産目標として掲げた年間銅生産量20万tを維持することが可能か確認している最中だった。

ページトップへ